そうなってしまうと補修にかかる費用も高くなるので、外壁自体に異常が観られるような場合は特に早く外壁専門の塗装屋さんにみてもらったり、見積りを取っておくと良いでしょう。

外壁塗装とは、耐久年数は塗料によって大きく変わります。

ですのでおよそ10年に1回程度は外壁工事を施工した業者に診てもらうと良いでしょう。

このように定期的な点検をサボらないことによって、大事な家の寿命を寿命を延ばすことにつながるのです。

外壁工事では、ヘアークラックや塗装の剥がれ等を程度に合わせ、下地塗装よりも前に補修します。

劣化の程度があまりにも激しくなってから、塗替えを施工する場合、外壁というより内部の壁自体にまで腐食しているケースも存在し、補修の費用も高くつくことになります。

外壁そのものよりも内側が損傷する前に、塗替えはやや早めに考えておいた方が良いでしょう。

年中、直射日光を浴びることによる外壁や屋根表面の温度上昇を抑える遮熱効果で、夏は冷房効果を上昇させ、断熱効果の高い材料との併用で冬の温度も高く保ちます。

一般にはまだまだ認知度が低い光触媒塗料や微細や繊維を使ったセラミック系塗料などは、外壁に付いた汚れを雨などの自然な流水で、自動的に洗い流すセルフクリーニング効果を持つものがあります。

使っている塗料の性能を超えてしまわない間に、外壁に手をいれることで壁へのダメージを防ぎ、建物を長寿にし、経済的にも損失が減ります。

外壁自体のクラック、塗装の剥がれ、触ると手に白い粉が付く(チョーキング)という現象が起きていたり…このような劣化した状態が続いていると、外壁に水分が染み込むことでそのまま雨漏りしてきたり、外壁だけでは収まらず、内側の壁まで腐食してきます。

アクリル、ウレタン、シリコン、フッ素の順に耐久力が上がります。

フッ素系塗料は多給力が優れており、太陽の光、風雨の影響を最も受けやすい、屋根材の塗装に用いられるケースが増えています。

ここ数年で外壁に一番多く使われている塗料は、耐久性と価格のバランスがよくコスパが人気のシリコン系塗料となっています。

外壁に使用されている素材によって、水分に弱いものがあります。

そのほうが結果的には、リーズナブルだったということが多いです。

外壁塗装は、事前に出来るだけ多くの塗装業者に見積り依頼をし、費用相場を知っておくなど、少しの手間を惜しまないことが大切です。

数ある失敗の中でも最も多いケースは、複数社の塗装屋さんから見積りを取らずに、外壁塗装を着工してしまうことです。

費用相場を知らずに業者の言い値でやってしまうと、意外と損をしてしまっているケースは多いです。

外壁工事自体には、デメリットは思いつきません。

あえて挙げるとするならば、外壁塗装自体は「永久的」なものではなく、塗料によって数年~20年程度の間隔で塗り替えが、必ず必要になるということです。

ですが外壁を守るために、塗装することが最も費用対効果的にも有効な手段のため、建築物を維持するために、必要なことなのです。

外壁塗装は建物の美観を高める働きは当然、家の外壁を保護する大切な役目があります。

外壁を保護し、防水性や耐久性を上昇させる。

塗料自体の特性による断熱効果、遮熱作用や汚れを自主的に落とす塗料まであります。

もちろん外壁塗装は、外壁の耐久力をあげます。

一般的に使われる塗料は主に、耐久力の低い物から高い物に目移りしていきます。